税理士の用語集/青色申告の帳簿種類とその保存

<税理士の用語集/青色申告の帳簿種類とその保存>

青色申告を行う際に帳簿の種類とその保存に関する質問が多いです。

国税庁のサイトによると以下のように記されております。

青色申告の記帳は、年末に貸借対照表と損益計算書を作成することができるような正規の簿記によることが原則ですが、現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳のような帳簿を備え付けて簡易な記帳をするだけでもよいことになっています。
これらの帳簿及び書類などは、原則として7年間保存することとされていますが、書類によっては5年間でよいものもあります。

このように記載はされていますが、65万円の控除を受ける為には、貸借対照表と損益計算書の作成が必要になります。青色申告を行う事で、個人事業主であっても一人の企業家としての意識を持つ事を推奨しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る