税理士の用語集/青色申告の承認申請書

青色申告の承認申立書とは?
・「法人設立日から三ヶ月を経過した日」「第1期目の事業年度の終了する日」のどちらか早い方の前日までに出す届け出。
・「青色で確定申告したい」という意志を税務署に承認してもらう為の書類です。
管轄の税務署に忘れずに提出しましょう。
青色申告を忘れてしまうと自動的に白色申告制度法人になります。

この青色申告をする事によりメリットとデメリットが生ずるので注意が必要です。
そのメリットとデメリットについてまとめたいと思います。

メリットと言えるのが損失を繰り越せる事。
以前の事業年度で赤字を出してしまった事があれば年度をまたいで損失を繰り越す事が出来ます。
個人事業主だと3年、法人では7年繰り越す事が可能です。
過去の損失を使えば黒字になった年の利益を減らし、利益に応じてかかる税金が少なく出来るというわけです。

デメリットというのは、青色申告の個人事業主は帳簿を複式簿記でつけなければならず、仮に所得が20万以下であっても廃業届を出すまでは必ず確定申告する義務が生じることです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る