税理士の用語集/消費税

<税理士の用語集/消費税>

税理士の相談で特に多いのが消費税。企業にとって消費税は、いきなり来る納税のイメージがあると思います。

消費税の納付金額の計算は以下になります。

消費税の納付税額は、課税期間ごとに売上げに対する税額から、仕入れに含まれる税額と保税地域からの引取りに係る税額との合計額を差し引いて計算します。

要は、売上における消費税は消費者からお預かりしているもので、消費税分をそのまま国に納めて下さい。しかし、あなたの企業も消費者として消費税を払っているので、その分を差し引いて納めて下さいと言う事になります。

単純に理解するとごく当たり前の事に感じますが、企業には消費税を含めたキャッシュが入って来ていますので、感覚的に大きな税金が取られてしまったという感覚になってしまうのかもしれないですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る