税理士の仕事/独占業務

<税理士の仕事/独占業務>

税理士には税理士にしか出来ない独占業務があります。

税理士の主な業務は3つあります。税務相談、税務代理業務、税務書類の作成の3つです。この3つの業務は税理士にしかできない業務ですので『独占業務』と言われています。

この独占業務は、税理士法で定められ、税理士以外がこのよな業務をした場合には税理士法違反と見なされてしまいます。それが無償であったとしても、法で罰せられることがあります。例えば、「友達の税務相談を無償で聞いてあげた」場合。税務相談は税理士の独占業務ですので、厳密に言えばこのケースは税理士法違反となり、罰せられてしまいます。このように、独占業務は税理士の資格を持ち、税理士会へ登録している税理士のみが行うことのできる業務ですので、注意しましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る