税理士の仕事/業務内容

58003

<税理士の仕事/業務内容>

『税務相談』とは。税務に関する相談を受ける業務のことです。税務相談では税金のこと全般に関して相談することができます。相談内容の主なものは、税金の計算のことだったり、税務に関する必要な手続きのことであったりとさまざまです。また、事業を始めようと思っている方や、会社を設立した方などの税務に関する相談もあります。個人の相談として、具体的なものは、所得金額についてや納税額の計算などがあるようです。

『税務代理業務』とは、納税者である依頼人に代わって、税務署への申告や申請を行う業務のことです。確定申告などの難しい手続きを全て代理で行います。税の法律は難しいだけではなく、よく改正が行われます。そのため、税務に関する知識がない人にとって、税金に関する申請や申告をすることはとても大変なことです。そこを税のプロが代理で、正確にかつスムーズに行うことを税務代理業務といいます。

『税務書類の作成』とは、税務署などに提出しなければならない書類を納税者である依頼人に代わり作成する業務のことです。税務署などに提出しなければならない税務に関する書類は、申告書などがあり、税金の計算などを行い記入しなければならないものです。しかし、税金の計算は、一般の人にとってとても複雑で、なかなか自分で行うことができません。また、間違った数字を記入することもできませんので、税理士が代わって、税金の計算などを行い、書類を作成します

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る