不動産売却時にかかる税金って?

不動産を売却する時にかかる時に掛かる税金について解説していきます。
様々な税金がかかりますが、一つずつ簡単にですが説明します。

不動産売却時に関わる税金

税理士
・印紙税(収入印紙代)
まず第一に売買契約書に貼る収入印紙に掛かる印紙税がかかります。

・不動産譲渡税
2つ目は不動産を売却し、利益が出た場合に限り「不動産譲渡税」がかかります。
さらに取得してから5年以内で短期譲渡、それ以上ですと長期譲渡となります。
これらの分類はバブル期に不動産の価値が上がり、購入した物件をすぐ転売し利益を得る方が増えたため、それを防止する意味合いで誕生しました。
その為、短期で売買すると税率が上がります。
また、例外として「居住用財産特別控除」というものもあります。自分が住んでいる家を売却する場合で一定の用件に当てはまる場合は、多少利益が出ても税率の控除が適用されるものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る